バナー

歯周病治療の方法について

私達が美味しい物を食べたり健やかに暮らせるのは、歯が丈夫であることと深く関係しています。

現在日本国内では約8割の方が歯周病に悩まされていると言います。


歯周病とは症状が進行すると最悪の場合歯を失いかねない怖い病気です。

歯周病は細菌の塊の影響で歯の周りの骨が溶けて、歯がグラグラとしたり歯茎が腫れてしまう症状を言います。

症状が悪化してしまうと歯が抜けてしまうこともあると言います。



また歯周病は嫌な口臭の原因や歯茎からの出血などの症状も招くと言います。
そのような状態にならないためにも歯の異変に気がついた時に、早目に歯周病治療を施すことが大事です。

歯周病治療の基本的な方法はプラークコントロールにあると言われています。

プラークという名の歯垢を付着させないために、歯ブラシやデンタルフロスなどを用いてコントロールを行います。

歯周病治療情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

歯科医の指導の元に正しい歯磨きの仕方を教わって毎日自分で適切な歯磨きが行えるように実践します。
プラークコントロールを実践すると歯茎からの出血が和らいで、口臭や歯茎の腫れの症状も大幅に軽減すると言います。
そしてプロによる超音波スケーリングで歯石除去をしてもらい、頑固な歯石を根こそぎ綺麗に落としていきます。
スケーリングの効果で歯石が除去されるのでプラークが付着しにくい状態へと導きます。

livedoorニュースに関する疑問を解消してください。

歯の表面がツルツルとした感触になり、口内がすっきりとしたイメージになります。

またこれらの歯周病治療で効果が実感できないタイプの重度の歯周病には、歯周病外科治療という方法もあります。