バナー

歯肉炎でストップさせるための歯周病治療

歯周病には大きく分けて二種類の病状があります。

一つ目が歯茎の炎症でとどまっている状態の歯肉炎、もう一つが歯を支える骨まで溶けてしまった歯周炎です。



歯肉炎と歯周炎とを合わせて歯周病と呼びます。

骨が溶けているかはレントゲンで撮影するとはっきり分かりますが、外見ではあまり区別がつきにくいので油断していると進行してしまうのです。歯周炎で溶けてしまった骨は治すことはできませんから、歯肉炎のうちに歯周病治療を完了させておくことの重要性は歴然です。


歯肉炎の段階なら自宅でも簡単で誰でもできる歯周病治療をすることができます。

様々な種類の歯周病治療情報の豊富さで有名なサイトです。

まずは、自分の歯磨き粉に注目してみましょう。

あなたが求めるInfoseek ニュースの情報を知りたい方必見です。

口の中に入れても辛くないフルーティーな味付けの方が楽しく歯みがきできますが、それらよりも歯周病対策の成分が配合されている方が口腔ケアにはもってこいです。
歯科医監修の歯茎の炎症をしずめる歯磨き粉に切り替えて食事のたびにブラッシングするだけでも症状を緩和させられます。

歯みがき前のデンタルフロスも歯周病治療に繋がります。

刺繍ポケットに入り込みやすい歯垢を綺麗に取り除くことができますから、歯周病が悪化する隙がありません。

こちらも歯科医が監修したものが登場しています。

また、キシリトール成分が入っている歯磨き粉やタブレット、ガムなどを食べるのも有効です。

いずれも値段もかからずにちょっとしたひと工夫と呼べるものばかりですから、忙しい人でも継続できます。